株式会社トライバルユニットはソフト面も優秀です

最近のオフィス用の電話は非常に優秀です。
相手に電話を掛けることが出来れば満足という世代が多いですが、
業務内容によっては追加オプションが
搭載されている電話の方が喜ばれます。

家庭用の電話でよく使われているのが『留守電機能』です。
今や全ての電話機に搭載されていると言っても過言ではないほど、
この機能をよく見かけます。
他にも、電話が掛かってきた相手の電話番号をディスプレイに表示する機能や、
通話に要した時間をディスプレイにて表示する機能、
先ほどかけてきた相手にワンボタンで折り返し電話を掛ける機能、
あらかじめ登録しておいた電話番号にワンボタンで電話を掛ける機能、などなど。
私たちが“あって当然”だと思っている電話の機能ですが、
これらは最初期の電話には搭載されておらず、
便利になると思って標準装備された機能でもあるのです。

ビジネス用の電話も、ビジネスに有用な機能がたくさん詰まっています。
相手からの聞き忘れを防ぐための録音機能、
電話が掛かってきた番号をパソコンに転送して
会社名や取引内容の情報を即時表示してくれる機能、
会社の受付から電話をした相手を監視カメラを通して画像として表示する機能、
中には、消灯の時間にオフィス内に侵入した不審者を
感知して警告を発するビジネスフォンもあるそうです。
このように最近の電話機はとても優秀なのです。

しかし、その多くがハードウェアによるものです。
そのため、買い替える必要があります。
そこで、株式会社トライバルユニットは
それら電話のオプションをソフト機能として販売し、
従来の電話機でも高性能ビジネスフォンと同様に使えるようにしたのです。

具体的な機能としては、指紋認証によるタイムカード代わり、録音機能、
オートコール機能(リストにある番号を自動で発信し、特定の音声を流すだけのもの)、
どの番号に掛けたか自動で集計して荷電漏れを防ぐ機能、などなど。
株式会社トライバルユニットのソフト機能はハードに負けず劣らず、とても優秀なのです。
余談ですが、株式会社トライバルユニットはハード(ビジネスフォン)も
商品として取り扱っています。

株式会社トライバルユニットのインバウンドサービスとは?

数多くの通信事業を行っている株式会社トライバルユニットは
インバウンドサービスも行っています。
アウトバウンドサービスが企業から顧客に連絡する手法でしたら、
インバウンドサービスはその逆、顧客から企業に連絡する手法になります。
株式会社トライバルユニットは、顧客から企業へ連絡する間の中継を行い、
企業の業務サポートを行います。

連絡する手段は様々な方法があります。
最もポピュラーなのは電話です。
企業が取り扱う商品のお問い合わせや商品購入など、
メールではできない迅速な受け答えを電話にて対応します。
特に、電話接客業務は長年培ってきた経験があり、
高品質で低コストのインバウンドサービスを可能としています。
また、分析力にも優れ、集めた顧客データから統計を取り、
企業にその情報をフィードバックして経営の一助を行うこともできます。
他にも、インターネットからの注文やハガキなどの注文など、
それらの情報を仕分け、適切に企業にお届けすることを行っています。

これら対人による対応がメインですが、
他にも、ノンボイスサポートも行っています。
商品の種類によっては、電話にも関わらずヒトの受け答えを介さず、
オートマチックに対応できるものもあります。
あらかじめ決められた音声のみを流し、その指示に従い、
顧客は必要な情報を入手、もしくは注文することが出来ます。
例えば、郵便の荷物の受け渡しや、予約チケットの注文などは、
それほど難しい情報のやり取りを行いません。
そうした簡単なものは、ノンボイスチャネルで対応することで、
コールセンターで対応する人員を削減することができ、コストの削減に繋がります。

また、注文窓口の構築も行っています。
電話対応でしたら、用意するのは電話番号と受話器だけですが、
インターネットを利用する場合は、サイトから作る必要があります。
そうした技術を持ち合わせていない企業は多く、それゆえ、
株式会社トライバルユニットのようなトータル通信サポート会社が活躍するのです。

社会を支える株式会社トライバルユニット

社会とは、そこに住まう人々がそれぞれの仕事を行い、
効率的に生活しやすいようにするシステムのことを言います。
簡単に言いますと、分業です。
私たちは石器時代の頃から、それぞれ役割分担をして、
効率的に子孫繁栄に励んできました。

生きていくだけでしたら1次産業だけで事足ります。
しかし、効率良く生きていくためならば、
2次産業や3次産業は欠かせません。
米だけを作っても、それを炊く道具が無ければ食べることは出来ず、
ましてや流通のシステムが整っていませんと、
私たちは米を入手することすら不可能になります。

3次産業を担う株式会社トライバルユニットは
あらゆる通信に関する事業を行っています。
そのひとつがコールセンター業務です。
私たちがモノを買う場合、
大抵は生産者から直接購入することはありません。
生産者は生産に従事し、販売者は販売という仕事を行い、
しっかりと分業を成しています。
生産者からの委託により、株式会社トライバルユニットは
注文窓口を作って、お客に商品を提供することを叶えているのです。
また、株式会社トライバルユニットは電話受付以外にも、
インターネット注文のサイトの構築も行います。
このように株式会社トライバルユニット
数多くの通信事業を手掛けているのです。

「自分のことは自分でやる」と良く言われていますが、
「他人にやらせた方が効率は良い」ことは多々あります。
炊事洗濯は自分一人でも簡単にできるように、
最近の家電は優秀ですが、お米の収穫や脱穀、精米は
プロに任せた方が確実で効率的です。
社会はこうして成り立っているのです。

コールセンターで働く女性

株式会社トライバルユニットのアウトバウンドサービスとは?

株式会社トライバルユニットのアウトバウンドサービスとは?

株式会社トライバルユニットではアウトバウンドサービスも行っています。
経験豊富な株式会社トライバルユニットが雇用しているコミュニケーターが、顧客との会話を通じて得た顧客の声、独自の顧客分析を駆使し、商談機会創出や顧客との関係醸成を実現させるサービスがアウトバウンドサービスです。

 

株式会社トライバルユニットのアウトバウンドサービスは以下の通りです。
アンケート調査や情報提供などのテレマーケティングから、商品紹介・購入促進・リテンションまで、豊富なノウハウと事例・実績を活用します。
そうして顧客の声を基に具体的なスクリプト設計・継続的なPDCAを徹底し、品質向上と効果的なアウトバウンドを実施します。

 

株式会社トライバルユニットに営業活動や販促活動の一部をアウトソーシングすることにより、営業リソースの効率化に貢献します。
お客様企業の営業担当者は訪問営業を主体とした顧客リレーションと受注に注力し、株式会社トライバルユニットが電話・Eメールなどを主体とした非対面手法による効率的なアプローチで顧客育成から案件を醸成することで、営業リソースの効率化とお客様企業の売り上げ拡大に貢献します。

 

株式会社トライバルユニットでは督促業務のサポートも行っています。
未納延滞者に対してアウトバウンドで督促を行い、代金を回収します。
また、債権回収率算出の数理モデル・督促業務モデル・督促オペレーションを最適化・実行し、コストを増やさず1コール辺りの回収率向上を実現します。

 

これらのサービスが、株式会社トライバルユニットのアウトバウンドサービスなのです。

参考リンク

株式会社トライバルユニット【公式】

 トライバルユニットの求人情報